30代に適したクレンジングを選ぶポイントは?

石油系界面活性剤を使用していないもの!

石油系界面活性剤は肌の水分をものすごく奪ってしまうので、クレンジング後に肌がカサカサ状態になってしまいます。毎日繰り返し行うと、肌にかなりの負担となってしまうので、石油系界面活性剤の配合量が多いものはできるだけ避けた方が無難です。植物由来の界面活性剤を使用したものがあるので、ぜひそちらを選びましょう。

保湿成分が配合されているもの!

20代に比べて30代は肌の水分量がかなり少なくなってきます。石油系界面活性剤不使用のクレンジングであっても、肌の水分は多少奪われてしまうので、急速にそれを補う必要があります。保湿成分が配合されたクレンジングであれば、クレンジングしながら水分を補給できるので、乾燥する隙を与えることはありません。

美容成分配合でスキンケアができるもの!

スキンケアは基礎化粧品で行うものと思われがちですが、クレンジングをしている瞬間はもっと野肌の浸透力がアップするときなので、この瞬間に美容成分を浸透させることができれば、質の良いスキンケアをすることができます。このことに気付いて、クレンジングに美容成分を配合するメーカーが増えてきましたので、ぜひ、美容成分が配合されたものを選びましょう。

30代におすすめのクレンジングランキング

マナラ ホットクレンジングゲル
石油系界面活性剤をはじめとして、パラベンや紫外線吸収剤など7つの無添加を実現した低刺激なクレンジングです。コラーゲンや植物エキスなどの保湿成分をたっぷりと使用しているので、肌を乾燥させません。また、ビタミンC誘導体・アスタキサンチン・ローヤルゼリーエキスなどの美容成分も配合されているので、高いスキンケア効果が期待できます。
石油系界面活性剤:不使用 保湿成分:◎ 美容成分:◎
マナラ
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング
ドクター監修の低刺激処方ということで、石油系界面活性剤などの刺激のある成分は一切使用しないコンセプトで作られたクレンジングです。天然な野セラミド・19種類のコラーゲン・3種類のヒアルロン酸を配合するなどたっぷりと保湿成分が配合されているのが特徴的です。
石油系界面活性剤:不使用 保湿成分:◎ 美容成分:○
美容液成分99.3%!クレンジング リ・ダーマラボ
肌ナチュール
クレンジングに炭酸を配合した新しいタイプの炭酸クレンジングです。石油系界面活性剤を使用せずに炭酸でメイクを浮かせる仕組みを採用しているのが特徴的です。ビタミンC誘導体・ハチミツ発酵液・濃厚プラセンタなど美容成分をたっぷりと配合しているところも魅力となっています。
石油系界面活性剤:不使用 保湿成分:○ 美容成分:◎
詳細はコチラ
クレンジングホワイト
アミノ酸天然洗浄成分「アミノフォース」を配合することにより、石油系界面活性剤を配合することなく肌に優しいクレンジングを作ることに成功しました。9種類の天然由来美肌成分を配合することによって、保湿効果とスキンケア効果を実現しています。
石油系界面活性剤:不使用 保湿成分:○ 美容成分:○
ラチュール クレンジングジェル
天然洗浄成分と8種類のフルーツエッセンスによってメイクを落とすクレンジングです。洗浄成分をナノ化することによって、石油系界面活性剤を使用しなくてもメイクを綺麗に落とすことができるようになりました。3種類のヒアルロン酸を配合しているので、肌が乾燥しないところもポイントです。
石油系界面活性剤:不使用 保湿成分:○ 美容成分:△
ラチュール クレンジングジェル

30代に最も相応しいクレンジングはこちら

30代のクレンジングは「マナラ ホットクレンジングゲル」で決まり!
美容成分でメイクを落とすから低刺激
⇒ 石油系界面活性剤でメイクを落とす従来の方法とは異なり、美容成分によって肌を柔らかくすることで、メイクを浮かせて落とす処方を採用しています。この方法だと肌の水分を奪うこともないので、潤いをキープすることができ、とても低刺激です。
肌の潤いを高める成分を配合
⇒ スーパーマイクロコラーゲンでダイレクトに肌を潤すだけでなく、コラーゲンを増やすダイズ種子エキスやコラーゲンを守るメマツヨイグサ種子エキス、そしてコラーゲンの質を高めるセイヨウトチノキ種子エキスなどコラーゲンサポート成分がたっぷりと配合されています。
高機能美容成分を配合
⇒ 美容液と比べても遜色ないほど、たっぷりと美容成分が配合されています。ビタミンC誘導体・ハイドロキノン誘導体・アスタキサンチン・ローヤルゼリーエキス・ビタミンE・酵母エキスなど厳選された美容成分を90.4%という高濃度で配合しています。

石油系界面活性剤を使用せず美容成分を90.4%も配合しているのは「マナラ ホットクレンジングゲル」だけ!